1. HOME
  2. リフォームの基礎知識
  3. 住まいのメンテナンス時期目安
Reform Information_01

住まいのメンテナンス時期

内装、外部、住宅設備機器の違いや使用材料によって異なります。
どのような建物でも必ず経年変化はあります。
よって、どの時期にどこまで修理を行えばよいのか?など、建物の耐久性や設備機器の耐用年数を考慮した
リフォーム目安時期と修繕内容のポイントをご紹介します。

築年数ごとの住まいのメンテナンス時期

築10年
水廻り設備(キッチン、浴室、トイレ、洗面化粧台、給湯器など)が故障したり、不具合を起こしたりし始め、外壁、屋根など外部の破損や汚れが目立ち始める時期です。
スレート(コロニアル)のわれ、ズレ等の全体的な補修
築15年
お家の隠れた部分(土台や給排水管など)に、腐食や破損が目立ってくる時期です。しっかりとした対処が大切です。
瓦の割れ、ズレ、金属屋根等の全面的な補修
築20年
住まいの設備機器や給排水管、内装や建具、外装など様々な箇所に不具合や経年劣化の症状が現れます。
建具の入れ替え、全面的な点検、補修
築25年
住まいの耐用年数、家族構成の変化により、増改築レベルの大型のリフォームによって見直しが必要な時期です。
給排水管を含めた水廻り設備のフルリフォーム
まずは家の状況をプロに見てもらいたい!
無料
お住まい診断受付中!
当社スタッフが現地を確認させて頂き、お客様宅の状況に合ったリフォーム計画や費用をお伝えいたします。
お電話・ホームページからもお気軽にご相談ください
無料診断・見積依頼
0120-6-10312
平日・土日いつでもオープン。この情報について詳しい説明を聞きたい方はコチラ

一覧に戻る