住まいのお役立ちコンテンツ

住まいのお役立ちコンテンツ

お風呂のリフォームで悩みを解決!気になる施工内容や費用は?

浴室

この記事をシェアする

LINE
お風呂の悩みはリフォームで解決!気になる施工内容や費用は?

疲れを癒し、リラックスした時間を提供してくれるお風呂。
身体を綺麗に洗い流す場所でもあるので、少しでも清潔で、そして快適な空間であってほしいものです。

しかし古い家だとお風呂が寒かったり、浴槽が深かったり、あるいはカビや水アカが落ちなくなったり等、色々と問題を抱えていることも多いかと思います。
また、身体の不自由な方や年配の方が暮らす家だと、バリアフリーやヒートショック問題も見過ごせません。

そこで、一度お風呂のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?
お風呂をリフォームするにあたって気になる費用面や施工内容等について、当記事でご案内していきたいと思います。

目次
衛生面に配慮したお風呂リフォーム
安全面に配慮したお風呂リフォーム
快適さに配慮したお風呂リフォーム
和歌山のお風呂リフォームの気になる相場は?

衛生面に配慮したお風呂リフォーム

衛生面に配慮したお風呂リフォーム

お風呂のリフォームを検討する上で重要なのが衛生面です。
お風呂は菌にとって快適な温度と豊富な水分が絶え間なく供給される、格好の餌場です。

また、表面上拭き取ったりしても根っこが残っていたり、浮遊する胞子はとれません。
日頃から欠かさず掃除をしていても、タイルの目地や排水口、天井など手の届かない箇所で、知らない間にカビが繁殖していることが多いです。

しかしお風呂のリフォームをプロに依頼すれば、カビの嫌いな環境を作ることで対策できます。
水はけや通気を良くしたりする他、最近では設備メーカーが開発したカビが苦手とする次亜塩素酸を作り出す「キレイ除菌水」など抗カビ機能をもった商品も出ています。

さらに壁や床と一体化したシステムバスを導入したり、壁や床もろとも抗菌効果のある素材に差し替えたり、また十分な換気スペースを設けたり等、良好な衛生状態をキープできるようになります。
掃除の手間も大幅に省け、労力的なコストの削減にもつながります。

安全面に配慮したお風呂リフォーム

安全面に配慮したお風呂リフォーム

お風呂での高齢者の死亡事故は、自動車の交通事故よりも多いといわれています。
同時に、家庭内での死亡事故もお風呂場での発生が4割を占めており、お風呂リフォームに際して安全面の配慮は欠かせません。

特に小さな子供や年配の方、あるいは病気や怪我によって身体が不自由になった方がいる家庭ではお風呂の安全性を第一に考えるようにしましょう。

そんなお風呂場での事故の大半は、ガラス系のタイルの床で足を滑らせて転倒するケースです。
お風呂での転倒は頭部大腿部の骨折など大けがにつながる事が多く、その後の生活に大きな障がいが残ることも少なくありません。
ガラス系タイル床は非常に滑りやすく、段差をまたぐ際など不安定な姿勢になる時にそのリスクが高まります。

そこで対策として段差をなくす、手すりなどで安定した姿勢をとれるようにする、滑りにくい床などにする等が有効になります。

福祉住環境コーディーネーターなどの有資格者がいるリフォーム店や工務店に相談されるのがいいでしょう。

快適さに配慮したお風呂リフォーム

快適さに配慮したお風呂リフォーム

お風呂は身体を綺麗にするだけでなく、心身ともにリラックスする場所でもあります。
やはりお風呂のリフォームに際して快適さや便利さは追求しておきたいところです。

和歌山のお風呂リフォームでは、壁パネルやシャワー・浴槽の好みに合ったモノを選ぶことができ、オシャレで清潔感のあるデザインに仕上げることができます。

また、沸かしなおさなくても暖かいお湯が保てる「保温浴槽」を導入したり、浴槽内にテレビやスピーカーを設置したり、「さらに便利に楽しくお風呂に入れる」という点が大きな魅力となっています。

和歌山では以上のような様々なお風呂リフォームの相談に対応しています。
日々の疲れを癒す空間だからこそ、拘りぬいたお風呂のリフォームを一度計画してみるといいでしょう。

和歌山のお風呂リフォームの気になる相場は?

和歌山のお風呂リフォームの気になる相場は?

最後に、和歌山でお風呂のリフォームを依頼する際の費用について簡単に説明します。

お風呂のリフォームといえばシステムバスが主流です。
費用は導入するシステムバスのグレードやサイズによって変わり、断熱材を用いないスタンダードなものであれば比較的安く、断熱対策を施した高級感のあるデザインのものであれば少し費用が嵩みます。

また、元ある浴室のサイズの大小や、壁や床の断熱対策、ドアの張替え、照明や水洗金具・鏡などのその他オプションがグレードで料金が変わることもありますので、あくまで目安として念頭に置き、担当者と綿密に相談した上で見積もりを立ててもらうようにしましょう。

陶彩館お風呂リフォーム

陶彩館の参考事例をはってきますね

いかがでしたでしょうか?

長年住んでいる家はあちらこちらに問題が発生し、リフォームを余儀なくされることも多いかと思いますが、特にお風呂のリフォームは衛生面や安全面を考慮して、優先して行いたい箇所といえます。

最近はDIY(一般人がリフォームや修繕を行なうこと)という言葉も広まり、自分の手でお金をかけずに「なんとかする」という方も増えましたが、お風呂のリフォームは一般の方には非常に困難です。

まずは余裕のある範囲内で予算を見積もり、ゆっくり相談して決めるといいでしょう。

[無料]お見積依頼はこちら