住まいのお役立ちコンテンツ

住まいのお役立ちコンテンツ

リフォームで断熱対策!省エネ等さまざまなメリットが

その他

この記事をシェアする

LINE
リフォームで断熱対策!省エネ等さまざまなメリットが

毎日過ごす自宅だからこそ、快適に暮らせる環境を維持したいものです。

そこでおすすめしたいのが断熱リフォーム。

断熱リフォームとは、その名の通り壁や天井・床・窓等に断熱材を導入することで「冬は暖かく」「夏は涼しく」過ごしやすい住宅に生まれ変わらせるというもの。

特に古い木造の住居では断熱材が使用されていないか、あるいは劣化して効果が薄れていたりすることが多いので、是非とも一度断熱リフォームを検討してみて下さい。

目次
リフォームで断熱対策!日々の暮らしを快適に
壁の断熱リフォーム・「内断熱」と「外断熱」
その他の箇所の断熱リフォーム
断熱リフォームの効果やメリットとは?
断熱リフォームの注意点とまとめ

リフォームで断熱対策!日々の暮らしを快適に

リフォームで断熱対策!日々の暮らしを快適に

断熱対策が不十分な住宅では、「冬は家の中が寒く、暖房の効きも悪い」「夏は家の中が暑く、冷房の効きも悪い」といった問題に悩まされることも多いかと思います。

これは壁や窓等が外気を遮断しきれていないために起こる現象です。
外の寒さや暑さがそのまま住宅の中に影響を及ぼし、空調の働きも妨げてしまいます。

仮に空調の効きに問題がなくても、空調の範囲外である廊下や玄関・キッチン・トイレ・お風呂等は快適と言い難い状態になってしまうでしょう。

とりわけ、冬場には空調の効いた暖かい部屋から寒い場所に移動する時に、温度差による「ヒートショック」のリスクが懸念されています。
小さなお子様や高齢の方が暮らすご家庭では特に注意が必要です。

それ以外にも、快適な温度環境を維持できないことによる健康被害は無視できません。
毎日暮らす人達の「安全」を守る上でも、断熱リフォームは非常に重要になるのです。

壁の断熱リフォーム・「内断熱」と「外断熱」

壁の断熱リフォーム・「内断熱」と「外断熱」

断熱リフォームには大きく分けて「内断熱」と「外断熱」の2種類があります。
内断熱は、壁内の柱と柱の隙間に断熱材を挟み込んで詰めていく工法が一般的です。

メリットとしては比較的簡単な施工になるので、費用が安く工期も短めで済むという点が挙げられます。外壁を厚くする必要もないため、都市部の住宅街など敷地面積が狭い住宅に向いている工法といえます。

ただ、後述する外断熱に比べると気密性に劣り、十分な断熱性が得られない可能性があります。
住宅の構造によっては、コンセントや配管の周辺に隙間が残り、そこで結露が発生する場合もあるので注意が必要です。

一方で外断熱は「外張り断熱」とも呼ばれ、建物の外側に断熱材を覆うやり方になります。
この工法では断熱材が分断されることなく、高い気密性を生み出すことが可能です。

さらに、断熱材が建物の基礎部分を保護する役割も担い、痛みや劣化を遅くするという効果もあります。
ただ、前述の内断熱に比べると費用は高額になりやすく、また外壁が厚くなるのでその分敷地が狭くなってしまうというデメリットもあります。
また気密性の高さゆえに、換気状態には注意を払わなければなりません。

その他の箇所の断熱リフォーム

その他の箇所の断熱リフォーム

さきほどご紹介した断熱リフォームは「壁」に施工する方法でしたが、「窓」や「床」「天井」などの他の部分も断熱対策も重要になってきます。

特に窓は断熱対策において大きな比重を占める箇所で、外気の出入りの7割以上は窓からといわれています。
窓の断熱リフォームでは、一般的には内窓を設置することで気密性を高める方法がとられています。
用いられるガラスの種類は「単層ガラス」や「複層ガラス」など様々ですが、基本的に複層ガラスの方が断熱効果も高く、その分費用は高くなります。

次に天井の断熱リフォームですが、こちらは「敷き込み工法」と「吹き込み工法」があります。
敷き込み工法は天井の骨組みの間に断熱材を詰める方法で、費用が安く工期も短めで済むというメリットがあります。

そして吹き込み工法は綿状の断熱材を天井の一帯に吹き込んでいく方法です。
障害物があっても隅々まで行き届かせることができ、費用は高くかかるものの、敷き込み工法よりも高い断熱効果が期待できます。

最後に床の断熱リフォームですが、こちらは既存の床はそのままで床下に断熱材を取り付ける方法が一般的です。
ただ、フローリング等が傷んでいる場合は床ごと取り換えるケースもあります。

断熱リフォームの効果やメリットとは?

断熱リフォームの効果やメリットとは?

以上が断熱リフォームの種類のご紹介でしたが、次に断熱リフォームによる主な効果・メリットをご紹介しましょう。

一つめは、冬場の壁や床の表面温度が5~10℃ほど上昇するという点。
仮に室温が同じであっても、壁や床の表面温度によって体感温度は大きく違ってくるため、快適性の向上につながります。

二つめは、冷暖房の効率がアップするという点。
無理に設定温度を高く、あるいは低く設定して電力を消費する必要がないため、電気代の削減にもつながります。

そして三つめは、室内の温度が長く保たれるという点。
冷暖房をつけっぱなしにしなくてもよいというメリットもそうですが、昼夜の寒暖差で体調を崩す心配もないという健康面でのメリットもあります。

特に小さなお子様や高齢の方がいるご家庭では、安全面も配慮して断熱リフォームを検討してみるといいでしょう。

断熱リフォームの注意点とまとめ

このように、断熱リフォームを実施することで快適かつ安全な住宅環境をつくることが可能ですが、一点「湿気」には注意が必要です。
断熱リフォームを施工すると、室内の湿度・水分量が多くなり、結露が発生してしまうことがあります。

結露は放置しているとカビの発生の原因になり、またカビを栄養とするダニの繁殖にもつながってしまうため、防湿シートを張る等の対策も一緒に講じておく必要があります。
断熱リフォームを依頼する際は上記の点に加え、通気口の設置も念頭に入れておきましょう。

以上を踏まえ、過ごしやすい快適な家づくりのための断熱リフォームを検討してみませんか?

住まいのお役立ちコンテンツ一覧へ

リフォームって
なにから始めればいいの?

img03
002

リフォームに関するお問い合わせ、無料お見積りのご依頼、資料のご請求など、
こちらよりお気軽にお問合わせください。

これでいい。ではなく「これがいい!」を見つけられる

陶彩館ショールームのご紹介

見るだけOK聞くだけOK 土・日・祝日はいつでもオープン!
「やっぱりこっちにしておけば良かった」とは思いたくないですよね。そういった心配を軽減する体感型のショールームです。
岩出(本社)ショールームはどんなところ? りんくうショールームはどんなところ?
このような時は「来店予約」が
おすすめです
  • 設計士など、お客さまのご要望に合った専門スタッフと相談したい
  • 他社の設計図やお見積りのセカンドオピニオンを受けたい
0120-6-10312
9:00〜17:30(水曜定休)
電話する お問い合わせ [無料]お見積依頼