住まいのお役立ちコンテンツ

住まいのお役立ちコンテンツ

春はお風呂リフォームに最適な季節!

浴室その他

この記事をシェアする

LINE
1

暖かくなってきて新たな気持ちで暮らしたくなってくる春。
実はリフォームにピッタリの季節なんです!特にお風呂のリフォームは春がオススメ!
今回はその理由とお風呂についてのお困りごとが解消できるリフォームについてご紹介します♪

目次
みんなが抱えているお風呂の困りごと
春がリフォームに最適な理由
お風呂リフォームのご紹介
お風呂をリフォームする時期は20年が目安

みんなが抱えているお風呂の困りごと

2

最も多い困りごとは「冬に寒い」。
冬は寒いので浴室の窓を閉め切っていた方も多いのではないでしょうか。
閉め切っているとお風呂に湿気がこもりやすく、それがカビの発生の原因になってしまいますので、困り事2位「カビが生えやすい」というのも納得ですね。

春がリフォームに最適な理由

3

お風呂のリフォームにかかる期間はケースによってさまざまですが、内装が伴うユニットバス交換の工事日数は、約5日。短くても1~2日はお風呂に入れない期間が発生してしまいます。
その為、近くの銭湯などを利用する必要があるのですが、頻繁にシャワーを使いたくなる夏は、お風呂リフォームに不向きです。
冬も寒いのでしっかり銭湯で暖まっても帰りに冷たい夜風にあたって体調を壊しやすいので、暑くもなく寒くもない、気候の良い春か秋がリフォームに適しているんです♪


ですが、上記の困りごとランキングでわかるように「冬に寒い」と困っている方が多いので冬が近づいてきた秋ごろにはリフォームの依頼が集中します。
そんな場合は希望の日程でリフォーム出来ない事もありますので、
比較的にスムーズにリフォーム出来る春がオススメです!

お風呂のリフォームメニューはこちら

お風呂リフォームのご紹介

来店予約はコチラ

◆case1 バスタブのお湯がすぐに冷めてしまう
近年登場したサーモバスと言う魔法瓶のように、お風呂のお湯を冷めにくくする浴槽にリフォームをオススメします!
4人家族でも最後の1人まであったかいお風呂になりますよ♪


◆case2 冬場は浴室が冷えてしまう
浴室をすばやく暖める浴室暖房の導入や、壁に断熱材を入れる事によって体を洗っている最中でも寒くならずに済みます♪
また、冷気が入ってきやすい窓は、ペアガラス(2枚で1組の複層ガラス)にする事で、断熱効果が期待できます。


◆case3 お風呂の掃除が大変
リクシルのシステムバスでは「くるりんポイ排水口」という浴槽の排水を利用して、排水口内に渦を発生させることで排水口に溜まるゴミや髪の毛を集めて、集まったゴミはぽいっと捨てるだけでOK!
さらに、渦流が排水口の汚れも洗浄してくれるのでキレイを保てますよ♪

お風呂のリフォームメニューはこちら

お風呂をリフォームする時期は20年が目安

4

20年くらい経つと、水栓や換気扇などに不具合が起きたり、タイルやユニットバスのつなぎ目にヒビ割れが生じたりと、何らか寿命のサインが出てきます。
お風呂の機能はどんどん進化していて、いつも暖かい・カビが生えにくい・省エネなものなど様々登場していますので、20年以上前のお風呂で
下記のような症状がある場合はリフォームすることをオススメします!


  • タイルやコーキング材にヒビ割れがある
  • 換気扇がうまく回らない、音がうるさくなった
  • 掃除しても取れないカビがある
  • 蛇口からポタポタと水が漏れる
  • 入り口のドアが閉まりづらい


特にタイルやコーキング材にヒビ割れがある場合は、小さなヒビでも、そこから湿気や水分が内部に伝わり、構造材などの木材を腐食させたり、水漏れを引き起こしたりするリスクがあり、修繕費用も高くついてしまいますのでできる限り早めに対処することをおすすめします。

リフォームすることで、水道光熱費を節約できたり、掃除にかかる手間を省けたりと、いいことずくめ!
ぜひ春にお風呂のリフォームをして新生活をスタートしませんか?


どんなお風呂にしたいか分からない、予算内で大丈夫なの?なの疑問や不安事がございましたら、何でもお気軽にご相談ください。

住まいのお役立ちコンテンツ一覧へ

リフォームって
なにから始めればいいの?

とうさいかん
とうさいかん

これでいい。ではなく「これがいい!」を見つけられる

陶彩館ショールームのご紹介

見るだけOK聞くだけOK 土・日・祝日はいつでもオープン!

「長く使いたいから納得ゆくまでじっくり選びたい」というお客様へ。
最新情報いっぱいの体感ショールームで、リフォームのイメージづくりから始めてみませんか?

岩出本店はどんなところ? りんくう店はどんなところ? 和歌山店はどんなところ?
このような時は「来店予約」が
おすすめです
  • 設計士など、お客さまのご要望に合った専門スタッフと相談したい
  • 他社の設計図やお見積りのセカンドオピニオンを受けたい
0120-6-10312
9:00〜17:00(水曜定休)
電話する ショールーム
来店ご予約
[無料]お見積依頼